語学を学ぶ為の留学

メリットがある

英語の辞典

語学を学びたい人にとっておすすめしたいのは短期の語学留学です。それというのも、ネイティブスピーカーとの直接的な会話のやり取りを通して、単語のニュアンスや文法を無意識のままで習得することができるからです。また、周囲に外国人がいることでモチベーションを維持し続けることができるのも語学留学のメリットです。さらに、短期の語学留学であれば料金もある程度抑えることができます。たとえば、10日間アメリカに語学留学をするとなるとおよそ20万円から30万円かかります。これは高いと思われるかもしれませんが、語学学校の授業料、運賃、ホームステイ代なども含まれています。このようなメリットがあります。ちなみに、短期の語学留学に行こうと思ったら旅行代理店に相談するといいでしょう。短期の語学留学に特別なものは何も必要ありません。パスポートさえ取得しておけば誰でも行くことができるのです。アメリカとイギリスが語学留学先として人気がありますが、より格安で英語を学びたいのであればフィリピンに行くことをおすすめします。フィリピンでは物価が安いですし、料金も圧倒的に安価です。指導方法も欧州型のグループディスカッションではなくマンツーマン指導です。じっくりと英語力を身につけたい人や恥ずかしがり屋の人は欧米よりもフィリピンがいいでしょう。意外に知られていませんが、フィリピンでは公用語として英語が使われているので、アジアで学ぶのであれば打ってつけです。

会社の休みを利用できる

男女

国際化がすすむ現代では、社会人になってから外国語を使う機会が増えるかも知れません。ビジネスが忙しい社会人でも、短期の語学留学へ行って語学力を磨く人が少なくないそうです。では実際に語学留学に短期で行く場合、どのような方法があるのか紹介していきます。短期といっても期間はいろいろありますが、最短では1週間ほどのものがあります。留学エージェントを利用する方法や、社会人の語学留学をサポートしてくれるプログラムもあるのでインターネットでいろいろ情報を集めてみるのもオススメです。無料で資料を請求できるサイトもあるので、取り寄せてみるのも良いでしょう。こういったところは、ビザの申請や航空券の手配などをサポートしてくれることが多いので、不安のあるかたは相談してみてください。セミナーに参加をして話を聞いてみるのもひとつの方法です。また、1週間ほどの短期であれば会社の夏休みや有給休暇などを利用して語学留学に行くこともできます。語学の勉強とリフレッシュを兼ねて海外に行ってみてはいかがでしょうか。ただし、1か月から3か月といった語学留学に行く場合は、会社に確認をとる必要があります。短期でも留学を受け付けてくれる大学もありますし、外国語教師の自宅にホームステイをする留学など、さまざまなプランがあります。アジアやヨーロッパなど、国の選択肢もいろいろあります。大人になった社会人だからこそ体験できることもあるので、仕事をしているからとあきらめすに、ぜひチャレンジしてみてください。

気軽に挑戦できます

飛行機

短期で語学留学をする際に気になるのが費用です。アメリカやイギリスなど欧米諸国に短期留学する際には、3ヶ月でおよそ1,000,000円程度の費用がかかります。費用のほとんどは授業料と航空券、滞在費になりますので、なるべく費用をかけない留学をしたい方は、食費などの生活費が抑えられる都市を選ぶことがお勧めです。また渡航する時期によって航空券費用が異なりますので、渡航時期に関しても検討しましょう。夏休みやゴールデンウィーク、年末年始などは、航空券も高額になる傾向にあります。大都市を避け、格安航空券を利用することで留学費用を抑えることができます。留学先によっては、アルバイトをしながら語学留学をすることができますのでアルバイト費用を滞在日に当てることができお得です。短期で語学留学するメリットとしては、現地の生活を実際に体験することができることです。ホームステイやシェアハウスなどによって、色々な学生や現地の人たちとのふれあいもあります。語学にあまり自信の無い方でも語学学校でしっかりとしたサポートがありますので、安心して留学できます。また、実際に外国語に触れる時間が、日本にいるよりも大幅に増加しますので、語学力アップが可能です。独学では、伸ばすことが難しい会話力やリスニング力の向上には、語学留学が最も効率的で近道といえます。短期で語学留学を検討されている方は、日本にいながら検討できる留学フェアや、インターネットでの情報をしっかりと比較検討し留学先や語学学校を選びましょう。