Language Expert

短期で語学留学を受けよう|英語がペラペラに喋れる

学校に協力してもらう

斡旋会社を見つけよう

英語

語学留学は短期でもできます。まず、現在、通っている学校に相談してみましょう。学校を通した方が手続きなどもスムーズにいくからです。一方、学校に通っておらず、社会人として働いているという人でも語学留学はできます。この場合、個人的に斡旋してくれる会社を探さなくてはなりません。インターネットを活用しましょう。短期でも可能なところはたくさんあります。また、現地で住むところも手配しなくてはなりません。アパートを借りたり、語学留学生数名でルームシェアをしたりといった方法が主流となっています。このような手配を斡旋してくれる会社はたくさんあるので、評判の良いところを探してみましょう。もちろん、信頼できるところに依頼することがポイントです。口コミ情報や実際にその会社を利用して留学した人の体験談も参考にすることをお勧めします。特に参考になるのは、実際に短期留学をした人の話です。どこの会社にお願いして手続きを行なったのか、話を聞いてみましょう。場合によって会社を紹介してくれたり、スムーズなやりとりをしてくれるホストファミリーを探してくれたりすることもあります。語学留学はホームステイで叶えることも可能です。この場合、受け入れ先を探しましょう。そして、短期でどの程度を学んできたいのか、目的を明確にすることも大切です。期間を決めないと、ダラダラと過ごしてしまうこともあるからです。もちろん、長期よりも短期の方が費用は安くなります。

現地に行くのがベスト

様々な言語

語学について本気で学びたいなら、その言語の勉強をすることが1番です。日本国内には英会話学校など色々な語学勉強施設があります。学校でも、中高で英語を学びます。しかし、日本人は他の国の人に比べて、あまり語学が得意ではないと言われています。理由は色々ありますが、日本が島国で日本語だけで生活することで基本的に何も不自由しないことが大きな理由の1つと言われています。本気で語学を学びたいと思うなら、自分を厳しい環境に置くことが1番です。それは、語学留学で実際にその国に行くことです。現地では母国語を使えないので、いやでもその国の言語を話さなければなりません。日本はそういった語学留学をサポートする制度が充実しているので、色々な国に語学留学することができます。英語や中国語など定番の語学はもちろん、マイナーな言語まで大丈夫です。語学留学する期間は、短期から長期まで様々です。徹底的に語学を勉強したいのなら長期で行くのもアリですが、お金の都合や仕事の都合で短期の留学を希望する人もいます。そういった人のために、1か月や3か月といった短期の留学プランも用意されています。ただ、短期間では、どうしても不十分なまま帰国することになるリスクもあります。そのために、現地に日本人がいるような日本人学校ではなく、本当にその国の人しかいない学校で学ぶことをお勧めします。時間に余裕がある学生のうちに、留学することも1つの手段です。

効率的な語学習得について

単語帳

語学を学ぶためには、様々な方法がありますが、効率的に短期でマスターする方法はなかなか見つかりません。語学は、使う必要性があることがマスターするためのコツのひとつですが、日本の中にいながらそのような環境を作るのは大変難しいということができます。そうかといって、長期間の間外国に語学留学するような時間的、経済的余裕のある人は、なかなかいません。短期の語学留学は、短期ではあるもののその言語を日常的に母国語、あるいはそれに近い言語として話している国に滞在しながら語学を学ぶことができます。そのような点において、日本国内で語学習得を目指すよりも、より容易にマスターしやすい方法だということができます。中でも、人気がある英語の短期語学留学についていえば、従来から人気の留学先として定着していたアメリカ、カナダ、イギリスやオーストラリアといった欧米の英語を母国語とする国々への語学留学を行なっています。また、英語を母国語に近い言葉として日常的に使っているアジアの国々、例えばフィリピンなどへの語学留学が近年人気を集めています。その人気の理由としては、欧米の国々への語学留学に比べコストが低く抑えられることが挙げられます。他にも、日本からの距離が近く、留学中に帰国しなくてはならないことになっても気軽に帰国することができることも理由の一つなのです。さらに、普段の生活も、例えば食生活などが日本に比較的近いために安心感があることなどもあります。いずれにしても、語学学校に通いながら日常生活でもその言語を使う機会がある、という環境に短期であっても身を置くことは、語学習得の近道だということができます。