Language Expert

短期で語学留学を受けよう|英語がペラペラに喋れる

最初のステップ

計画をしっかりと立てる

女性

大学もしくは、高校での短期の語学留学は、ネイティブな外国語を身に付ける上での最初のステップとして最適な方法になります。もちろん日本に居ながら、外国出身の教員等の人たちとのコミュニケーションや授業の中で身に付けることもできます。しかし実際に現地で生活、学習することにより、実際に通用する外国語のスキルを身に付けることができます。語学留学をしようと思い立ったときに、いきなり長期間の海外での生活には多くの不安が生まれます。生活環境も違い、日本語も通じない中での生活は不安が生まれるのも当然です。しかし、期間を決めての短期の語学留学であれば、精神面においても生活面においても不安はそれほど大きなものにはなりません。特に大学や高校でカリキュラムに組み込まれている短期の語学留学については、今までのノウハウや経験があります。安全な環境での生活や学習が保障されているという点もオススメです。もちろん企業によっては入社後の研修の中で実施している場合もありますが、多くの企業は入社試験などの段階でどの程度の語学力を持っているのかを採用の判断基準にしているので、グローバルな環境で仕事をしている企業に就職を望んでいる場合には学生時代に経験しておくことが必要になります。短期の語学留学を経験した後に、もっと高い英語のスキルを身に付けたいと思えば、長期の語学留学を経験すれば良いので、短期、長期といったステップを踏むことが、後悔のない語学留学の最適な方法になります。

特有のメリットとは

飛行機

語学留学と聞くとハードルが高くて自分にはとても考えられないという反応を示す人もいます。しかし、最近ではそれほど資金や移住の経験がなくても、試してみることのできる短期の語学留学が注目を集めています。短期の語学留学でしか得られないメリットはいくつもあります。語学力の向上はもちろんですが、自国で勉強しているだけでは決して学ぶことのできない語彙や表現を日常生活の中からも学ぶことができます。それにより、自分の考えをより自然にまた豊かに表現することができるようになります。また、留学の経験は自分の語学力を証明するものとして、その後の進路に有利に働きます。短期の留学期間中に海外でしか取ることのできない資格の取得を目指す人もいます。留学先では生活していくために自分の方から現地の言葉で話しかけなければならない状況もあります。異文化の環境にいち早く慣れることも求められます。こうした経験を通して、コミュニケーション能力、交渉力、積極性、適応力といった語学力以上のスキルの向上を図ることもできます。失敗を繰り返したのちに成功した体験は自信にもつながります。加えて、文化や価値観、宗教の異なる人たちと接し、親友になることができます。こうした交友を通して、物事をより広い視野で見ることができるようになります。短期の語学留学であっても週末や祝日を利用すれば、現地の旅行を楽しむこともできます。留学先で知り合った友達と交友を深めながら、自国にはない景色や文化に触れることができます。

短い期間でのメリット

English

語学を習得するのに、一番効果的なのは、やはり現地で本物の言語に触れることでしょう。日本にいながらでも語学の勉強はできますが、常にその国の言葉の中にいることで、言語習得は格段に上達します。言語の他にもその国の歴史や習慣など、知りたいことがあるならば、留学するのが得策です。語学留学には、長期留学と短期留学があります。どちらにも良い面がありますが、短期留学だと比較的敷居が低く、初めてでもチャレンジしやすいのではないでしょうか。海外に行ったことがない場合でも、短い期間なので安心です。長期語学留学の場合、1年間は現地にいることになります。学生だと休学することになり、単位のことや戻ってきた時のことなど、色々考えなければなりません。その点、短期語学留学だと、春休みや夏休みなどの長期休みを利用して勉強することができます。費用面でも、期間が短い分、当然短期留学の方が少ない費用で留学することができます。モチベーションを高く保てる、というのも短期語学留学の良いところです。長期だと余裕がある分、どうしても気が抜けてしまうような時期が出てきてしまいます。しかし、短期だと、短い期間の間にできるだけ学びたい、と感じるので、みっちり勉強することができます。毎日貴重な体験をすることができ、充実した期間を過ごせることでしょう。留学したいけど、長期留学は何かと難しい、といった場合は、とりあえず短期留学をしてみるのはいかがでしょうか。