Language Expert

短期で語学留学を受けよう|英語がペラペラに喋れる

現地の生活をイメージする

現地調達がポイント

地球

期間に関わらず、語学留学にはしっかりした準備をして臨みたいものです。短期であっても、語学留学には必要なものと不要なものがあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。パスポートや旅券などを除いて、必要だと感じたものは以下の5つです。まずはコンセントのアダプタ。手持ちの電気製品があるのであれば、事前に現地のコンセント形状を調べて、日本の電器屋で準備して行きましょう。次に現金とクレジットカードです。現金をどれだけ準備していくか迷うところではありますが、1ヶ月だと10万円ほど現地通貨があればよいでしょう。3つ目は折り畳み傘です。これは、現地では折り畳み傘の調達が難しく、私が滞在した地域は突然の雨が多かったので、大変重宝しました。次は、一週間分の日用品です。現地生活に慣れるまでは、不要な労力を使うなかれ。ある程度の日用品があれば役立ちます。最後は、ドレスコードに対応できる服装です。語学留学で勉強目的、しかも短期であったことから、私は普段着しか持参していませんでした。しかし、スクールの懇親会等があり、ドレスコードが要求されることもありました。上から下、そしてバッグまで現地で準備したことで、痛い出費となりました。現地調達でもよいのですが、私は後悔しています。最後に、不要だと感じるもの、それはトラベラーズチェックです。現金とクレジットカードがあれば十分だからです。短期の語学留学の準備は、現地の生活をイメージし、現地調達も織り交ぜることがポイントと言えます。しっかり準備することで、有意義な現地生活を送りましょう。

どんなことを準備するか

国旗

短期の語学留学は、中学生でも対象になります。初めて語学留学に行く場合、不安な気持ちもあるかと思います。しかし、3週間から1か月程度の短期間なら、さほどの語学力がなくても大丈夫です。帰国の時期には、外国で過ごすことに慣れているでしょう。短期間とはいえ、語学留学先に日本人が少なければ、ほとんど現地の言葉を使わなければいけないため、語学力が身に付くことでしょう。最初は不安であっても、どうにか相手に伝わるようにと、コミュニケーションをとる努力が大切です。もし日本人が多い街に行くなら、日本人の仲間で集まる機会が増え、話すことも聞くことも人に頼ってしまうかもしれません。しかし、情報交換ができるというメリットもあります。また、語学留学の前からその土地の言葉が話せるという場合もあるかと思います。その場合、短期であっても実際に海外で過ごすことは自信がつく時間となるでしょう。いずれにしても、語学留学に出発するまでに、少しでも勉強時間は増やしておいたほうがいいです。知っている単語が多ければ、それだけ聞き取れる言葉も多くなり、話すときに使えるからです。知っている単語だけでは、1対1ならなんとなく通じても、複数人を相手にすると、なかなか話題に乗れないという場合もあります。現地でも少しは新しい単語を覚えられますが、よほど日々の努力が必要となります。しかし日本で勉強しているときとは違い、耳が慣れてくるので、聞き取れるようになり会話も増えます。語学力アップのために、思い切って挑戦してみてはいかがでしょうか。

社会人でも利用しやすい

ウーマン

外国の言葉を身につけたいのであれば、実際にその国に行き、その国の人と直接コミュニケーションをとることが大切です。語学留学という言葉が一般的になって久しいですが、当然費用が高くつくので、したくても出来ない人が多いです。また、社会人であれば、それだけ長い期間会社を休むのが難しいという面もあります。そのため、短期語学留学という方法も出てきました。短期というのがどの程度を指すのかはプランにもよりますが、1週間から1か月程度で終了するプランが多いです。1週間なら社会人でも有給休暇が取りやすい期間でもあり、1か月なら学生の夏休みで行ける期間になります。短期の語学留学で気を付けなければならないのは、旅行気分にならないということです。きちんと目標をもって渡航することが必要で、留学期間中がどのようなスケジュールになっているか吟味することが大切です。語学留学先がどのような学校なのかという説明がありますが、自分でも確認しておくことが大切ですし、実際に行ってみた人たちの口コミもチェックしておくと安心です。語学留学で利用する学校は語学学校になるので、周りは英語を学びたいという人たちになり、ネイティブスピーカーは講師だけになります。なので、学校だけでなく積極的に街に出ていろんな人と交流することをおすすめします。海外に行っている期間は短期でも、どんな事故や事件に巻き込まれるか分からないですし、急病になるということもあるので、保険がどの程度適用されるのかも確認します。プランの中に保険が含まれていないのであれば、自分で加入することも必要です。